CD「原色音楽 DONT SPACY SONGS 1985-86 DEMO」どんと

¥ 3,024

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料510円が掛かります。

ゴマレコード/DONT-004/01.8.5

01 魚ごっこ
02 眠る君の足もとで
03 虹のまりちゃん
04 兵隊(未発表)
05 おさにさん(未発表)
06 大さんしょううおの唄(未発表)
07 フォークの神様
08 荒くれ男の一人言
09 たこ山ひいて(未発表)
10 いも虫まる虫
11 さわるだけのおっぱい
12 シビーシビー
13 ゲリゲリヤー(未発表)
14 ヤーヤーヤー(未発表)
15 ごみや(未発表)
16 ともだちのうちはへんなうち

<この時期、どんとにたくさんの唄が降りてきた>
★このデモテープは85年から86年にかけて、どんとが4chのマルチトラッカーにて自宅録音したものである。

★当時どんとは23~24歳。ローザ・ルクセンブルグで京都から東京に出てきた頃。この頃のローザの活動を考えて見ると、この音源の持つ貴重な意味がハッキリと浮かびあがってくる。このテープは、まさしくどんとのミュージシャンとしての一番最初のピークであり、まさに久富隆司くんが<どんと>として開花したその瞬間をハッキリとピュアな形で残している。サイケデリック、アシッドフォーク、テクノ、rock,あらゆる要素が、とけあい前人未踏のどんとワールド!さいしょから、天才!だったのだ!笑える!宇宙的!ぶっとびの世界!超speed!! 面白すぎてゴメンナサイ!!

★ 今、きいても、まったく古さをかんじない、というより、今だからこそ、この音の面白さが、みんなにわかってもらえるとおもう。この才気ばしった勢いは、この時ならではのものだ。後にローザやボガンボスの代表曲となるような曲も、実はすでにこの時期に誕生していた。バンドでの演奏も勿論最高だが、この宅録バージョンも最初の意図が100%見えて、すでに完璧である。

★「足りないものが何もない」bo gumbosでの朋友、キョンも、この音源に関して、こう発言していた。

★最後の作品となった『サマーオブどんと実況録音盤』を出した後、このデモをリリースしたいと言ったどんとに、私はこう言って反対した。「この前ライブを出して、今度デモを出したら新曲できてないのバレバレじゃ~ん。オリジナル新曲を出した後に出せば?」といっておしとどめていたのである。

★だから、この音源を、世にだすことは、どんとの遺志でもあった。どんとマンボにうたわれている<おみやげ>のひとつである。これがどんとの原点です。
(text:小嶋さちほ)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する